NEW

助成金を手間なく申請できる?『dX助成金申請』なら相談から書類作成まで一括サポート!

dX助成金申請

  • TOP
  • 導入事例
  • 助成金を手間なく申請できる?『dX助成金申請』なら相談から書類作成まで一括サポート!

有限会社舞子運送様

代表取締役 河原靖典様

企業を支援する助成金・補助金は、数千種類にのぼります。しかし、それらをくまなく確認するのは手間がかかり、手続きも煩雑なため、申請を諦めている企業が多いのも事実です。こうした中小企業をサポートするのが、ドコモビジネスが提供している『dX助成金申請』です。今回は、サービスを導入し、助成金の申請・受給に至った有限会社舞子運送の事例を紹介します。

専門スタッフが受給対象となる助成金を診断

1961年に創業した有限会社舞子運送は、兵庫県神戸市で運送事業、廃棄物事業を行う企業です。電子部品会社や大手物流会社の貨物輸送のほか、神戸市民の引っ越しゴミの処分、事業系廃棄物の収集運搬、倉庫管理など幅広く手掛けています。2017年には新社屋、新倉庫を建設し、さらなる成長に向けて新たな一歩を踏み出しており、現在50名を超える社員が在籍し、事業を通じて地域の物流と美化に貢献しています。

「社員満足・顧客満足・社会満足」を企業理念に掲げる同社では、社員のキャリアアップや安全対策、健康管理に精一杯努めてきました。しかし、こうした活動を支援する助成制度は多々あるにもかかわらず、これまで一度しか受給したことがなかったそうです。同社の代表取締役である河原靖典さんは、その理由を次のように話します。

「たとえば全日本トラック協会では、血圧計やアルコールチェック機器の導入に対する助成制度を実施していますが、我々は制度ができる前に導入していたため、交付を受けることができませんでした。加えて、コンサルタントから『こんな助成金を申請できます』と提案されることはあっても、自分で詳しく調べて手続きを行う余裕がなく、なかなか申請には至らなかったんです。これまで交付された助成金は、社会保険労務士に提案されたキャリアアップ助成金の一度だけです。そのときは申請手続きまでサポートしていただきました」

そんななか、業務用スマートフォンの契約などで接点のあったドコモビジネスの営業担当者から提案されたのが、『dX助成金申請』でした。昨年6月の導入後、すぐに4つの助成制度を受けられる可能性があると報告を受けたそうです。

「導入後、はじめに専門スタッフから電話でいろいろとヒアリングしていただき、どの助成金が受給対象になりそうか教えてもらいました。そこで挙がったのが、キャリアアップ助成金、両立支援等助成金、65歳超雇用推進助成金、人材開発支援助成金の4制度です。これほど該当するとは思っていませんでしたし、無事受給できれば、総額で約100万円も受給できるとわかり驚きました」

必要書類を士業が作成し申請の手間は最小限に

有期雇用労働者を正社員として雇い入れた際に受給できるキャリアアップ助成金、男性の育児休業取得を促進する両立支援等助成金、高齢者を働きやすくする65歳超雇用推進助成金、従業員のスキルアップに活用できる人材開発支援助成金は、いずれも厚生労働省が給付する助成金です。同社ではこれらの受給要件を満たしていることがわかりましたが、通常であればそれぞれ一から申請手続きを行うには大変な労力がかかります。そこで、役に立ったのが『dX助成金申請』でした。

「ヒアリング後、すぐに士業の方をご紹介いただき、必要書類の作成から申請までトータルでサポートを受けることができました。まず、弊社の就業規則や賃金規定などの書類を送付し内容を確認、不備がある箇所を指摘いただき修正をしました。変更届や通知書などもすべて作成してくれるので、私は判を押して労働基準監督署に提出するだけでした」

メールのレスポンスが早いのでやりとりもスムーズで、準備段階から間が空くことが少なく、申請手続きまで進めることができたそうです。さらに、申請したすべての助成金について、同じ担当者とやりとりできたこと(※)も高い満足度につながりました。

「申請する助成金ごとに担当者が違うと、メールのやりとりも煩雑になります。ですが、ひとりの担当者が対応してくださったので、連絡関係を一本化できました。何度も同じような説明をせずにすみますし、安心感もありました」

※dX助成金申請では、案件ごとに担当者をアサインする体制をとっています。そのため、お客さまから複数のご依頼をいただいた場合には、異なる担当者が対応させていただく場合がございます。その場合でも、弊社内での情報共有・引き継ぎは十分に行っておりますので、再度ご状況をヒアリングさせていただくといったご面倒をお掛けすることはございません。

人手の足りない中小企業こそ手続き代行に価値がある

2023年8月現在、同社では申請した4つの助成金のうち、ひとつはすでに交付され、残る3つも申請手続きは完了しています。「dX助成金申請」では、申請時に士業事務所への報酬やオプション料金が発生するものの、申請準備プランは月額3,000円(税抜/初月無料)と導入コストが安価な点も導入を決めた理由のひとつだと、河原さんは話します。

「本来ならば、私ひとりで該当する助成制度を探し、あちこち走り回って申請手続きを行わなければなりません。しかも、時間と手間をかけて申請しても、受理されない可能性もありますし、書類の不備で再提出となるケースもあるでしょう。ところが『dX助成金申請』では、椅子に座ってメールのやりとりだけで必要な書類が揃い、あとは労働基準監督署に提出するだけなんて大変ありがたいですよね。ある程度の費用はかかりますが、適正な価格だと思います」

加えて、河原さんは人手を割けない中小企業こそ、こうしたソリューションの導入をおすすめしたいと話します。

「大手企業であれば専任スタッフを雇うこともできますが、中小企業ではそうもいきません。助成金・補助金申請をしている中小企業の多くは、社長自ら手続きを行っているのではないでしょうか。それを代行していただけるのですから、まさに中小企業に特化したサポートだと思います」

中小企業の経営者は、経営戦略の策定、新規取引先の開拓、人材確保など多岐にわたる業務に対応しなければなりません。こうしたなか、『dX助成金申請』の導入は業務効率化にも大きく貢献しています。

「以前に比べ、会社の事業計画や資金調達などについて考える時間が取れるようになりました。経営者であれば、助成金を漏れなく受給したいと考えるのは当然のことですが、助成制度は毎年更新されますし、膨大な助成金・補助金のなかから受給できるものを探すのは困難です。その上、手続きにも時間と労力がかかるため、以前の弊社のように要件を満たしているのに申請できずにいる中小企業はきっと多いと思います。確実に受給するための糸口となる『dX助成金申請』は、多くの中小企業にとって心強い味方になってくれると思います」

関連するコラム記事

多く見逃しがちな助成金申請、その対応策とは? イメージ

2022.08.24

多く見逃しがちな助成金申請、その対応策とは?

中小企業は、大企業と比べると予算に限りはありますが、さまざまな制度を利用することで、設備投資や人材育成を行う際に、助成金や補助金を受け取ることが可能になります。

関連する商品

dX助成金申請

dX助成金申請

手間を最小化、受け取れる金額を最大化する助成金・補助金申請支援サービス。
※助成金申請時には、別途、士業への費用が発生します。
※補助金申請時には、別途、弊社、または、士業への成功報酬支払いが発生します。

PageTop